怠惰るすとーむ

いろいろ

【インターネット大会】プリティプリマ使用パーティ ルチャホルビートダウン【制限ダブル】

 

まずはじめに

 ホルビーは使用していません。タイトルに騙された(?)方にはお詫び申し上げます。

 纏めるのがヘタクソで長くなってしまったので、飛ばし飛ばし読んでいただければ幸いです。

※特に構築経緯の項が長いので、パーティの中身だけ知りたいって方は上の目次から個別解説の方へ飛んでもらえばよいかと

 

 

 

使用パーティ

f:id:ittkn:20170628000542p:plain

ペルシアンのめざパのタイプは炎。

 

続きを読む

部内企画ロトム1on1使用構築

使用構築(1体)

 

○レギュレーション

ポケットモンスター サン」または「ポケットモンスター ムーン」を用いて『シングルバトル・ノーマルルール』において対戦を行う。

※全てのポケモンは自動的にレベル50になる。

 使用可能ポケモンは『ロトム』のみ。各種フォルムチェンジは全て利用可能。手持ちまたはバトルチームにロトムを一体だけ入れて対戦を行う。

 使用可能な持ち物は各種Zクリスタルを除く、大会当日時点で解禁されている全ての持ち物。

 大会中のパーティ変更は認められない。

 

○実施日

2017/06/20

 

○構築経緯

 スカトリ+うらみ型がどくみが系統などの搦め手に強く、搦め手がチョッキに強く、チョッキがスカトリに強いという三竦みを勝手に想定。環境が進まないならスカトリで変な搦め手を全部倒せると思ったが、もう少し環境が進むだろうと予想した。そこでスカトリが大繁殖し、一部の人がそれをメタってチョッキを使うような環境になるだろうと予測。その2つの型に比較的有利を取れる型を考えていたところ、くろいてっきゅう+トリック+めざめるパワー地面という頭の悪そうな型に行き着いた。「ねらいのまと」ではなく「くろいてっきゅう」を選択した理由としてはトリックした後、確実に上を取るため ねらいのまとでは浮遊による無効化を無効化できないらしい(タイプ相性ではないため?要検証)。考察開始からここまでわずか1時間程度。ご飯食べてる時も考察してたから実際は+3時間くらい。

 この企画発案者のサークルの先輩、ゆきみどりさんに「チョッキ恩返し型が強いよ〜」って言われたのでそれに勝てるように性格は図太いを選択。なお、対戦会後に恩返しは3発受けられれば十分だったのになぜか4発受けられるようにしていたことに気付く。穏やかとか控えめにしていた方が明らかに良かった(そうしてればもっと勝ててたかも)。

 フォルムの選択だが、これまた勝手に耐性優秀なヒートロトムとそれをメタったウォッシュロトムがほとんどだろうと予想しつつ、ウォッシュに強いカットロトムやらSが速いノーマルロトムは一定数いてもおかしくないと考えていた。結局、それら全てに不利を取らないスピンロトムを選択した。有利を取れるわけでもないしフロストロトムも切ってたしなんなら電気技も切ってた。フロストはもしいても二回避ければいいようにうらみを採用した。

 どくみがに対してもみがわりから入られなければうらみで粘れるルートも取れるようにに回復ソースとしてねむるを採用し、完成。

 

○個別解説

スピンロトム@くろいてっきゅう

図太い ふゆう

157-×-154-145-127-106

トリック/めざめるパワー(地面)/うらみ/ねむる

 

 ダメ計は面倒なのとそもそも性格・配分は変えた方が良いことがわかってしまったので書きません。改善案も面倒なので(ry

 改善点はCかDにがっつり振ってうらみとかねむるとかのスペースにみがわりくらい割れるような技を入れること。

 

○結果

5-3 直対かオポかなんかで1位

忘れた頃に書くとこうなるので記事は忘れないうちに書きましょう。

 

 みがわりから入られたやつとガンガン積んできて電気技持ってるやつには綺麗に負けた。あと電気技と不意打ち持ってるチョッキにも負けた。妥当。

 

 使用フォルム、持ち物のKPは以下の通り。

 

フォルム KP
ノーマル 2
ウォッシュ 2
ヒート 3
カット 0
スピン 2
フロスト 0

 思ったよりばらけた。まさかスピンが被るとは思わなかった。

 

持ち物 KP
メトロノーム    2
チョッキ 2
スカーフ 1
たべのこし 1
バンジのみ(?) 1
のろいのおふだ 1
くろいてっきゅう 1

 いやメトロノームKP2ってなんだよ。バンジのみのとこはいわゆる混乱実だったことだけ覚えてたので…

 

 実はテスト記事のつもりだったので適当にこれでおしまい。

https://shindanmaker.com/author/dragonite_ex

https://shindanmaker.com/author/chi_ama_poke